腰痛・坐骨神経痛

  • 朝起きると腰が痛い、重だるい
  • ギックリ腰を繰り返している
  • 腰の痛みで長く座ってられない
  • お尻から太ももにまで痛み・痺れが出てきた
  • 仕事や家事にも支障をきたしている
  • どうやってこの痛みや痺れに対処したら良いか分からない

当院が雑誌に掲載されました

腰痛・坐骨神経痛の原因

腰痛は姿勢・内臓・生活習慣・クセなどさまざまな要素が関わって痛みが発生するので、一般的にはほとんどが原因不明と言われています。

原因が分からないため根本的な治療が難しく再発することも多いのです。

実際に病院でレントゲンを撮って「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」と診断されるのは、腰痛の10%前後くらいで、それ以外のほとんどの腰痛は「特に問題なし」と言われ、痛み止めの薬と湿布だけを渡されることが多いのです。

痛み止めは痛くなくなることもありますが、腰痛自体が治ったわけではありません。

ギックリ腰の場合は普段から硬くなってしまっている腰の筋肉を急激に使うことによって激痛を生じた急性炎症です。この場合は、むやみに腰を揉んだりマッサージすると悪化する可能性があるのでやめましょう。

坐骨神経痛は坐骨神経というお尻から足まで走る神経の走行に沿って痛みや痺れが出る症状についた名前です。その原因は梨状筋という筋肉が原因となったり、ヘルニアや狭窄症が原因となることもあります。

当院での改善方法

  1. 徹底的な検査と問診で原因を特定

    お客様の悩みや痛む場所をしっかりと検査し、根本改善までの施術計画を考えていきます。腰が痛いからといって腰が原因であるとは限りません。他の原因がないかきちんと調べるのが大切です。

  2. 痛みの緩和・原因筋の治療

    手や足のツボを使って患部の痛みを緩和します。その後、痛みの原因となっている筋肉の固さを超音波や手技を使って取り除いていきます。

  3. 骨格の歪みを整えて再発予防

    全身の体の歪みを整えて、筋肉がまた固くなってしまうのを予防していきます。最新の治療ベッドを用いたソフトな骨格矯正のため痛みもなく、安全に歪みを整えられます。

  4. インナーマッスルを鍛えて根本改善

    体の奥で眠っているインナーマッスルを電気刺激でトレーニングします。普段意識されることのない筋肉で自力で鍛えるのが難しい筋肉ですが、電気治療器を使うことで適切な刺激を加えることができます。骨格を支える筋肉が使えるようになることで再発のない体を目指します。

改善について

筋肉の血流が悪くなると痛みの原因になります。なので、痛みの原因となっている筋肉を特定し、その血流を改善させることが必要です。

「温めるといくらか楽になる」と感じたことがあるのではないでしょうか?これはまさに筋肉に血流不足が関係しているということです。

当院の治療ではまず手や足のツボを使って痛みを抑えます。
その後、超音波コンビネーション治療で電気やマッサージでは届かない深部の筋肉の固さや炎症を取り除く治療を行います。

また、EMS電気治療でインナーマッスル(体幹)を鍛え、腰痛になりにくい身体作りも行っています。
インナーマッスルが弱ることで骨盤・背骨の歪み、不良姿勢、動作のクセが起こり、筋肉を硬直させる原因を作ってしまうのです。

痛みの早期改善から根本改善までトータルで当院にお任せください!

 

だいじ鍼灸整骨院へのお問い合わせはこちら